腰痛

豊橋市にお住いの皆様!このようなお悩みはございませんか?

腰痛の女性

  • なにをしても痛みがよくならない
  • 湿布や痛み止めではどうにもならない
  • 何度も何度も痛みがぶり返してしまう
  • 長年の間腰痛と付き合っている
  • 痛みが気にならない生活を送りたい

施術の様子あまりにも腰が痛いから、マッサージに行ってもみほぐしたり病院に行ってレントゲンを撮ってもらい湿布や痛み止めを使っている、という方は多いのではないでしょうか。
マッサージの直後はマシになりますし、痛み止めがきいている間は痛みが気にならなくなりますが、それらはどれも「ごまかしている」だけの対処です。
腰に痛みがでている本当の原因を探して対処しなければ、さらに悪化してしまう可能性も考えられます。
そうなってしまう前にしっかりとご自身の不調と向き合ってみませんか?

腰痛の原因

腹筋の弱さが原因のことも原因の見極めが大切ですイラスト最近は「骨盤が歪んでいるから腰痛が起きる」とよく言われています。
確かに骨格の歪みは痛みにつながる事が多く骨盤の歪みもその中に含まれるのですが当整骨院は骨格の歪みだけが原因ではないと考えています。
腰痛の方それぞれに別の原因はありますが、中でも多いのは腹筋の弱さです。
例えば、なにか重たいものを持ち上げる時にはほとんどの方が背中や腰の筋肉を使って持ち上げます。腹筋を使って持ち上げる人はほとんどいません。
人の身体は背面の筋肉の方が使いやすいので、そちら側の筋肉が張りやすくなってしまい痛みや不調が出てくる大部分が身体の後ろ側になってしまうのです。
腰痛も同じく、背面の腰の部分の筋肉が緊張し血流が悪くなって関節自体の動きが悪くなっていることが原因で痛みが出ていることがよくあります。
どんな時に痛むのか、どんな風に痛むのか、しっかりと原因を見極めて対処することが腰痛の解消への近道になります。

腰痛をよくするには

腰痛の施術をしている写真痛みが強い場合は、ハイボルテージなどの電気施術機器を使いとにかく痛みを和らげる事を優先して行います。
そして張っている筋肉を緩め、関節の動きを良くすると血流がよくなって痛みが楽になっていきます。
痛みの種類はそれぞれなのでお一人おひとりに合った施術をご提案し行っていきます。

腰痛にならない為の予防

施術の様子先述したように人の身体は背面をよく使い全面の筋肉をあまり使わないので、腹筋が弱い方が多くいらっしゃいます。
特に女性の方や少し太り気味の方は腹筋が弱い事に加えて使い方を知らない方もいらっしゃいます。
つまり、腹筋を鍛えて使い方をマスターすれば腰痛が予防できるということなのです。
当整骨院では、腹筋を鍛えるエクササイズや腹筋の使い方もお伝えしておりますので腰の痛みを楽にすると同時に予防することもできます!
しかし、単に腹筋を鍛えると言ってもそんなに簡単ではありません…運動が苦手な方やお年寄りの方は特に続けられるのか、自分でもできるのか不安ですよね。
そんな方には、寝ているだけでお腹のインナーマッスルを鍛えられるトレーニング機器のご用意もございますのでご安心ください。