ぎっくり腰

豊橋市にお住いの皆様!このようなお悩みはございませんか?

腰が痛い女性のイラスト

  • 重い物を持ち上げたら激痛が走った
  • ぎっくり腰になった時の対処法が知りたい
  • 動けないくらい痛みが強い
  • 何度もぎっくり腰になってしまう
  • ぎっくり腰の予防の方法が知りたい

腰の施術の写真ぎっくり腰とは一般的に、重い物を持ち上げた時やくしゃみをしたとき、立ち上がった時など、様々な動作を行う時になんの前触れもなく突然激痛が走ることを指します。
そしてひどい時は少し動くだけでも痛みが生じて日常生活に支障が出てしまうことも…
適切な手当てを行うことで痛みを早めにやわらげる事が出来ますが、誤った手法で手当を行ったり痛みがあるまま放置してしまうと慢性的な痛みに発展する可能性もあります。
腰がピキッとなってしまったら、一度当整骨院にご相談ください。

ぎっくり腰とひとくちに言っても、様々な痛みの原因があります。
例えば、構造的に脊椎が弱い場合や遺伝的な要素でなりやすい場合、椎間板に異常がみられる場合や腰椎分離を起こしている場合など。
また運動不足による筋力低下等も原因のひとつと考えられます。
共通するのはこれまでの疲労が蓄積して徐々に状態が悪くなってしまい、ある行動が引き金となって激痛が起きてしまうということです。
ぎっくり腰になってしまったがゆえに、他の重大な病気が発見されることも少なくありません。
まずはご自身がなぜぎっくり腰になってしまったかの原因をみつけることが大切です。

ぎっくり腰になってしまったら

間違った処置をするとかえって悪化する恐れも…施術スタッフの写真とにかく動くこともできない位の激痛であることがほとんどですので、無理に動かさずに安静にしましょう。

横向きですこし膝を曲げ腰を丸めた状態の姿勢になると少し楽になります。
大体は2~3日で激しい痛みは引いていきますが、ご自宅で手当てをされる場合は温めずに冷やすようにしてください。
マッサージを行う事で痛みが和らぐこともありますが、方法を間違えるとかえって悪化してしまう可能性もありますので、どうしても早く痛みを和らげたい場合は当整骨院へお越しください。

腰の施術写真当整骨院では、どのような時に痛みが生じたのか、普段の生活でどのような習慣があるか等をしっかりとお伺いし、痛みの強さや種類に合わせて適切な施術を行います。
痛みが強く動くのもままならない状態であれば、ハイボルテージやソーマダインという電気施術器を使用して痛みを和らげることを優先します。
そして筋肉の緊張をほぐす施術や血流を良くする施術を手技で行います。
ぎっくり腰の状態によっては、触ってはいけない場合もありますので、検査やカウンセリングで現在の状態を見極めてから施術内容を決めていきます。
無理な施術は一切行いませんのでご安心ください。
突然の激しい痛みでご不安な気持ちになっているかと思いますが、痛みがなくなり、再発を予防するところまでしっかりとサポート致します。
お困りの方は一度当整骨院へご相談くださいませ。