産後から手首の痛みのお悩み解消します!ゆたかバランスでの治療法を大公開!!

2021年10月11日

産後の骨盤矯正をしていくなかで

よくある症状として骨盤周りの痛みに次いで

膝と手首の痛みを訴える方を多く見てきました。

今回はその手首の痛みのことと

ゆたかバランス整骨院での治療について書いていきたいと思います。

なぜ痛くなるのか

・女性ホルモンとの関係 

以前のブログでも書かれていますが

妊娠中や出産時にリラキシンという女性ホルモンにより

関節が緩みやすくなります。

その作用は骨盤や膝、手首の関節などにも変化をもたらしてしまいます。

そのため関節周りの筋肉にもいつも以上に負担がかかりやすくなり

今まで痛くなった事がないような方でも痛みを訴えるようになります。

産後から痛くなってしまうのには

この女性ホルモンの変化が多変大きく関与しています。

・度重なる抱っこや授乳

産後からはお子さんの抱っこや授乳により

手首には負担がかかり続けてしまいます。

関節周りが弱くなっているところへ追い打ちをかけるように

負担がかかるので痛くなってしまうのも当然ですよね。

特に痛みが出やすいのが親指の付け根の辺りになります。

痛みの正体

みなさんが悩まれているこの手首の痛みの正体は

腱鞘炎の可能性が非常に高いです。

この腱鞘とは筋肉の腱が通るトンネルの様なものの事です。

そこを通るのが親指を動かす時に使う

短母指伸筋と長母指外転筋という筋肉になります。

度重なる負荷により

親指の付け根にある腱鞘という部分に傷がつく事で

炎症が起こり手首や親指を動かした時などに痛みが出てしまいます。

放置すると痛みがなかなか取れず、

手術が必要になってしまう場合もあるんですよ。

早めに対処する事で重症になることを防ぐ事ができます!

ゆたかバランスでの治療法

❶マッサージ

前腕〜手首〜母指にかけて筋肉をほぐすことで痛みを和らげ、

血流を促し回復力を高めていきます。

❷鍼

鎮痛効果と血流改善、自然治癒力を高める効果が期待できます。

前腕から親指にかけて負担のかかっている筋肉へ鍼治療します。

シールの貼ってある所を主に狙います。

❸ソーマダイン

特殊な微弱電流により炎症を抑え、鎮痛効果があります。

電気治療ですがほとんど感覚のない刺激になりますので

ご安心ください。

産後の骨盤矯正を目的に来て頂いた方でも

症状に合わせて骨盤だけではなく

手首などの治療も同時に行なっています。

痛くなるのはあなたが悪いわけではありません。

ただでさえ大変な育児が痛みによってもっと大変になってしまいます。

我慢せずにしっかりご自身のお身体もケアしていきましょう。

おすすめのツボと自分で出来るセルフケア

最後におすすめのツボをご紹介したいと思います。

『列欠』というツボです!

というツボです‼️

親指の付け根から約指2本分肘側にあるツボです。

ここには先ほど伝えた短母指伸筋と長母指外転筋が存在します。

ここを軽く親指で押さえながら

手首を支点に左右に動かしたり

ゆっくり回す様にして下さい。

この時は痛みの出ない範囲でゆっくり

動かす様にしてくださいね。

簡単なので痛みのある方はぜひやってみて下さい。

熱感があり痛みが強い場合は冷やしてあげるのも有効的ですよ!

なかなか痛みがひかない場合にはぜひご相談くださいね!!

いかがでしたか?

産後の腱鞘炎についての解説は以上になります!

今回のコラムで手首の痛みに悩まれている方の参考に少しでもなれたら幸いです。

ゆたかバランス整骨院は産後の骨盤矯正を得意としています。

キッズスペースやおむつ替えシート

オモチャや絵本の用意もありますよ!

また、豊橋市の子育て応援企業にも登録しています。

豊橋市・湖西市・豊川市などで

矯正や治療を検討している方は

ぜひ一度当院へご相談してください。

スタッフ一同お待ちしております!